犬のしつけ飼い方について人の私見の最近のブログ記事

トイプードルしつけ飼い方では、家族の一員として飼う場合の「よいトイプードル」の選び方も必要です。つまり、一緒に暮らすのに適したトイプードル、性格のよいトイプードルを選ぶ方法です。

トイプードル飼い方で子犬を選ぶ時、いくつかのテストをしてみましょう。

トイプードルの反応をよく観察すれば、どの子犬がどんな性格かわかります。トイプードルしつけに影響しますが、神経質すぎないか、飼い主のいうことを聞く従属性はあるか、依存心が強すぎないかといったことを見ます。

トイプードル飼い方でのテストは、生後4~7週目に行うのがベストですが、10週目くらいまでは大丈夫でしょう。子犬を放し、世話をしている人に近づいてもらいます。その人のそばに進んで寄って行くのがよいトイプードルです。

チワワしつけで困ることは吠えることもそうですが、犬しつけ噛むことが辛いです。

あなたや愛犬と定期的に接触する人全員の態度をよく調べてみましょう。あなたや他の人が、不適切な行動をしているチワワ犬に無意識のうちにごほうびを与えていることがあるかもしれません。

ほとんどのチワワ犬は、犬しつけ吠える事で注意を引くと、たとえあなたは懲らしめや罰のつもりでも、ごほうびと受け取ってしまうことを覚えておいてください。

チワワしつけでは、可愛くてたまらないのでついついそれらを忘れてしまいがちなのです。

犬が噛むことで困る人は、オスワリをしっかり教えると良いです。

犬が完全に「オスワリ」をしたら、ほめてやります。「オスワリ」をした犬の背中をなでてやりましょう。この時、もう一度「オスワリ」と言います。

褒める時は必ずなでると良いです。犬が「オスワリ」をしたら、声の調子を高めて必ずほめてやりましょう。ほめることで、犬のやる気を引き出すのです。

犬は言葉が理解できませんから、言葉だけでほめずに、必ずなでてやります。また、犬のお尻を押す方法で「オスワリ」をしなかった場合は、好きな食べ物を使う方法と並行してトレーニングするといいでしょう。

スワレ」という声で反応できるようになったら、手の合図で「オスワリ」をすることを教えていきます。最初のうちは、声で命令しながら手の合図をつけます。

それができるようになったら、手の合図だけでできるようにしていきます。

(参考)犬 噛む

オスワリをさせることは、興奮して噛む犬をなだめる効果と、主従関係を犬が認識することにつながりますので、やってみましょう。