多汗症対策で一番気になるのは多汗症 手の場合

多汗症対策で一番気になるのは、多汗症 手の場合でしょうね。人の目にすぐ触れますし、物に触ればそれも気付きます。

温熱性発汗と精神性発汗に対する多汗症対策では、汗の出る場所が異なります。体を動かしたときのことを思い出してみましょう。このときは全身に汗をかきますが、不思議と手のひらや足の裏の汗は気になりません。

一方「手に汗握る」という言葉があるように、緊張したときにはどういうわけか、多汗症で手のひらに汗をかくことが多いのですよね。

例えば、自動車の運転中に緊張したとき、手のひらには汗がでますが、手背に汗はでません。

手のひらや足の裏は大汗をかきやすい部分ですが、汗腺の機能が活性化しやすいのも手足です。