口臭チェッカーで原因を見てから口臭 対策をしましょう

口臭チェッカーで原因を見てから、口臭 対策をしましょう。

歯周病は、歯周組織の破壊が急激に起こる活動期と、破壊が起こらない休止期を交互に繰り返しながら進行していくと考えられています。

それは、細菌と私たちの体の免疫反応とのバランスによって生じます。免疫反応に影響を与える要因は、加齢、喫煙、糖尿病、肥満、骨粗粗症、ドライマウス(口腔乾燥症)などです。口臭チェッカーで確認することが出来るでしょう。

口臭を消す方法は色々ありますが、体の中から消す方が健康的にも良いです。

口腔乾燥症の人は口臭が強くなりますが、男性より女性に多く、とくに中年以降の女性に多いといわれています。「口が渇いて食物が飲み込みにくい」、「口の中が傷つきやすい」、「口が渇くので水をよく飲む」などの症状が特徴です。

口腔乾燥症の患者さんは若い人や高齢者にもみられます。また、口腔乾燥症であっても、それを認識していない人もたくさんいるようです。

ちなみに、人にはみられない作用ですが、犬などには唾液を盛んに分泌することで、体温を発散させる体温調節作用があります。犬が舌を出してハアハアしているのは、体温を下げるために行っているのです。