2012年4月アーカイブ

口臭チェッカーで原因を見てから、口臭 対策をしましょう。

歯周病は、歯周組織の破壊が急激に起こる活動期と、破壊が起こらない休止期を交互に繰り返しながら進行していくと考えられています。

それは、細菌と私たちの体の免疫反応とのバランスによって生じます。免疫反応に影響を与える要因は、加齢、喫煙、糖尿病、肥満、骨粗粗症、ドライマウス(口腔乾燥症)などです。口臭チェッカーで確認することが出来るでしょう。

口臭を消す方法は色々ありますが、体の中から消す方が健康的にも良いです。

口腔乾燥症の人は口臭が強くなりますが、男性より女性に多く、とくに中年以降の女性に多いといわれています。「口が渇いて食物が飲み込みにくい」、「口の中が傷つきやすい」、「口が渇くので水をよく飲む」などの症状が特徴です。

口腔乾燥症の患者さんは若い人や高齢者にもみられます。また、口腔乾燥症であっても、それを認識していない人もたくさんいるようです。

ちなみに、人にはみられない作用ですが、犬などには唾液を盛んに分泌することで、体温を発散させる体温調節作用があります。犬が舌を出してハアハアしているのは、体温を下げるために行っているのです。


 

うつ病 原因をよく把握したうえで治し方を検討しましょう。

うつ病の波の存在については、本人も周囲も気づいていないことが多いのですが、何の原因もなくうつ病の波に飲まれて、最終的に自殺をしてしまう人が案外多いのです。

うつ病 治し方のなかで私たちは、自殺をする直前には何らかの大きなショックがあるだろうと予想しますが、実際にはそんな大きな出来事がなくても死んでしまうのです。

うつ病状態のつらい波は、明け方頃に襲ってくる場合が多いことが知られています。うつ病 原因で実際の自殺も、その時間帯に集中してしまいます。

うつ病の症状と原因と治療法は良く理解しておきましょう。
不妊症 検査をしながら、妊娠方法を探っていきましょう。

ネズミは自然に排卵する動物で、繁殖させるときには、排即日と思われる日に、雄と雌をひとつの龍に入れます。排卵が起きていなかったという場合を除いては、90%前後が妊娠に到ります。

生殖器官や排卵のしかたが人間に近いサルはどうかというと、よく生活を管理されたニホンザルで、50%以上と考えられています。

これらの動物に比べると、人間は明らかに妊娠能力が劣るのがわかります。したがって、こうしたもともとの人間の不妊性を無視して、「いつでも妊娠できるはず」と考えるのは誤解で、妊娠方法とは難しいものなのです。

妊娠するコツはあるのですが、それでも簡単にはいきません。